肌がきれいな女性

肌がかさかさして乾燥している自覚がある人はもちろんですが、ニキビが出て表面がべたつく人や少しの刺激でも赤みやかゆみが出てしまう敏感肌、シワやシミ、くすみなどが気になる年齢のサインなど多くの肌トラブルの原因になっているのが乾燥です。肌が乾燥すると水分が少なくなってしまうことはイメージできると思いますが、水分が少なくなってしまった肌がどのような状態になっているのかを理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。

皮膚の表面には角質層があり、風や水、紫外線などの外部の刺激から内側の細胞を守っています。角質層があることで、水分の蒸発もある程度防ぐことができており、さらに角質層が水分と油分でしっとりと満たされているとラップのように潤いを守ることができます。角質層がかさついている状態だと、表面の角質細胞に隙間ができたり、はがれたりしてしまうために角質自体の水分はもちろんですが、内部の細胞の水分も守ることができなくなってしまうのです。

乾燥している肌は、水分不足に陥ってしまっているため、内側の細胞に蓄えるはずの潤いも不足していきます。細胞はたっぷりとの水分があって初めてもともと持っている働きを十分に発揮することができますが、水分が不足すると働きを最低限に抑えて危機に備えようとしたり、働けなくなってしまったりしていくのです。細胞の働きの中には、自分自身を守るためのバリア機能や生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーがあります。バリア機能が衰えてしまうと、外部からの刺激に弱く、少しの刺激でも炎症をおこしてかゆみや赤みなどが生じたり、刺激から肌を守るためにメラニン色素を過剰に分泌したりします。細胞の中にメラニン色素や不要な物質は、本来生まれ変わりのサイクルとともに排出されるはずなのですが、ターンオーバーが乱れると細胞内に蓄積されたまま肌の奥に残ってしまいシミなどの原因になったり、古い角質が残ってシワやくすみの原因になったりするのです。

寝不足や疲労、食生活の乱れはストレスになり、男性ホルモンが過剰に分泌される原因になります。男性ホルモンが過剰になるとニキビができたり、肌が乾燥したりするので、まずは生活習慣を見直すことから始めることをおすすめします。乾燥してしまう原因はひとつではなく、色々な要素が絡み合っていることが多いので、乾燥の原因を正しく知ることが、潤いのある美しい肌をキープすることにつながります。

記事一覧
肝斑ができた時には諦めないで!トランシーノの効果を大公開します

中年以降の女性に多い悩みのひとつが肝斑で、両方の頬にべったりとはりつくようなシミができてしまう物です...

2020年06月18日
肌荒れを改善するためには毎日の食べ物から見直してみましょう!

肌が乾燥してかさかさになり、メイクのノリや化粧水の浸透が悪くなっている、赤みやかゆみ、ほてりが気にな...

2020年05月14日
ヒルドイドとワセリンを併用することで、ステロイド剤をマイルドにする方法

保湿効果が高く、荒れて乾燥した肌をしっとりと落ち着かせたり、ニキビや小じわ、肌荒れを防いだりすること...

2020年03月11日
トレチノインとハイドロキノンを併用することでシミを撃退する方法

見た目年齢を大きく左右する原因になるシミは、紫外線を防いだり、肌のターンオーバーを促すケアをしたりす...

2020年04月17日
紫外線を浴びることでなぜシミができる?まずはメカニズムを知りましょう

鏡を見るたびにため息が出てしまうシミは、小さくても顔の印象を大きく変えてしまう悩みの種です。メイクで...

2020年03月29日
ヒルドイドを通販で購入する時に必要になる処方の方法を解説します

保湿効果が高く、アトピー性皮膚炎や乾皮症などの治療にも使われることがあるヒルドイドは、赤ちゃんや高齢...

2020年02月21日